Trasis Inc.

渋谷拠点のシステム開発会社

Windows7でEclipse利用時、ツリービューが自動スクロールするのを止める方法(64bit版でもOK!)

概要

Windows7で Eclipse 3.3 を動作したときに「パッケージ・エクスプローラ」ビューが自動的に横スクロールするのを停止する方法について説明。
32bit, 64 bit 環境の違いなく簡単に解決できるので便利。
多分 Vista でも同じ方法で解決する。

背景

Windows7(と Vista)でEclipseを利用時、イライラする現象がある。

画面左側の「パッケージ・エクスプローラ」ツリービューにおいて、深いパッケージ階層にアクセスしている時に、勝手に横スクロールする

十分な横幅の画面で作業していれば、このビューを横に広げてこの問題を回避できるが…。

この新たな機能は Windows Vista からツリービューに搭載されたものらしい。。。
せめて挙動を選択できるようにして欲しかった。

32bit ユーザなら Explorer Construction で!

Explorer Constructionというツールを使うことで、この横スクロールを無効化できるらしい。

ソフト起動後、「水平方向の自動スクロールを無効にする(A) 」にチェックを入れるだけ。
残念ながら 64bit 環境では動作しない。本当に残念…。

Windows 互換モードで実行することで 64bit でも解決!

しばらく探しまわって、やっと解決法を見つけた。 ⇒disable dynamic horizontal scrolling in Vista

内容は簡単。「Eclipse を Windows XP 互換モードで動かすだけ」でした。

Eclipse のショートカットを作成し、プロパティを表示。
「互換性」タブで「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れ、
「Windows XP (Service Pack 3)」を選択するだけでよい。

この方法は Eclipse だけでなく他のアプリケーションでも適用できる。