tomcat セッション(PersistentManager, StandardSession)のデバッグ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

概要

web アプリケーションの負荷試験などを行う際、tomcat のセッションの入出力状態をモニターしたくなることがある。

また、Hibernate + Seasar + Wicket でアプリケーション構築時、セッションのデシリアライズがうまくいかないことがあり、tomcat の PersistentManager や StandardSession の動作を追っていくことで問題を発見、修正できることがある。

Linux で tomcat 動作時のデバッグ手順

logging.properties を次のように修正する。
handlers = 1catalina.org.apache.juli.FileHandler, java.util.logging.ConsoleHandler
.handlers = 1catalina.org.apache.juli.FileHandler, java.util.logging.ConsoleHandler

1catalina.org.apache.juli.FileHandler.level = FINEST
1catalina.org.apache.juli.FileHandler.directory = ${catalina.base}/logs
1catalina.org.apache.juli.FileHandler.prefix = catalina.

java.util.logging.ConsoleHandler.level = FINE
java.util.logging.ConsoleHandler.formatter = java.util.logging.SimpleFormatter


#org.apache.catalina.level = INFO
org.apache.catalina.level = FINEST

org.apache.catalina.connector.level = INFO
org.apache.catalina.loader.level = INFO
org.apache.catalina.startup.level = INFO
org.apache.catalina.mbeans.level = INFO

これで、catalina.out に詳細なログが出力される。

Eclipse + WTP + tomcat 環境でのデバッグ方法

Eclipse 上で次の操作を行う。
  • [実行] メニュー ⇒ [実行ダイアログを開く]
  • ダイアログ左側の一番上にある「Apache Tomcat」の中の、「localhost の tomcat v6.0 サーバー」をクリック。
  • ダイアログ右側から「引数」タブを開く。
  • VM引数に次のような記述を追加する。パスは自分の環境に合わせて適宜修正する。
    -Djava.util.logging.config.file="C:\usr\apache-tomcat-6.0.16\conf\my.logging.properties"

次に、c:\usr\apache-tomcat-6.0.16\conf\my.logging.properties ファイルを作成する。
handlers = 1catalina.org.apache.juli.FileHandler, java.util.logging.ConsoleHandler
.handlers = 1catalina.org.apache.juli.FileHandler, java.util.logging.ConsoleHandler

1catalina.org.apache.juli.FileHandler.level = FINEST
1catalina.org.apache.juli.FileHandler.directory = ${catalina.base}/logs
1catalina.org.apache.juli.FileHandler.prefix = catalina.

java.util.logging.ConsoleHandler.level = FINE
java.util.logging.ConsoleHandler.formatter = java.util.logging.SimpleFormatter


#org.apache.catalina.level = INFO
org.apache.catalina.level = FINEST

org.apache.catalina.connector.level = INFO
org.apache.catalina.loader.level = INFO
org.apache.catalina.startup.level = INFO
org.apache.catalina.mbeans.level = INFO

これで tomcat 起動時、catalina.out に詳細なログが出力されるようになる。

ちなみに、catalina.out の場所は workspace\.metadata\.plugins\org.eclipse.wst.server.core\tmp0\logs となる(Eclipse 3.3.2 Preiades All in One の場合)。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: tomcat セッション(PersistentManager, StandardSession)のデバッグ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://trasis.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/78

コメントする

2012年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30