Trasis Inc.

渋谷拠点のシステム開発会社

Log4JのDTD

概要

Log4J の設定ファイルを log4j.properties ではなく log4j.xml で記述する際、Eclipse で編集中、文法をチェックしてもらえたら便利だ。

Log4J の DTD は jar ファイル(例: log4j-1.2.14.jar) の中のorg.apache.log4j.xml の中に log4j.dtd の名前で存在している。
が、わざわざ Eclipse にこの DTD を登録したり、Log4J に新しい構文が追加されたときに設定しなおすのでは不便。

本家の web サイト上で log4j.dtd を公開してくれるのが最も良い解決法だと思うが、探しても見つからない。

解決法

log4j.xml で、次のように DOCTYPE を記述する。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<!DOCTYPE log4j:configuration PUBLIC "-//Apache Software Foundation//DTD Log4J Configuration 1.0//EN"
"http://renga.googlecode.com/svn-history/r4/vendor/logging-log4j-1.2.14/docs/api/org/apache/log4j/xml/log4j.dtd">
<log4j:configuration>
<appender name="console" class="org.apache.log4j.ConsoleAppender">
<param name="target" value="System.out" />
<layout class="org.apache.log4j.PatternLayout">
<param name="ConversionPattern" value="%-5p %d [%t] %c: %m%n" />
</layout>
</appender>
<root>
<level value="INFO" />
<appender-ref ref="console" />
</root>
</log4j:configuration>