Trasis Inc.

渋谷拠点のシステム開発会社

javaでping送信

概要

web サイトを更新した時に、Google などの検索サイトに ping 送信を行うことにより、より早く検索結果に反映してもらえる。
Google だと 5~10分くらい?結構早い。

MovableType や MTOS などの CMS を利用していれば、記事掲載時に自動的に ping を送信してくれるが、CMS を使わずに作成したサイトの場合、自分で ping 送信を行う必要がある。

SEO対策を考えるなら、是非自分たちが作成したサイトも ping で更新通知を行いたい。
そこで、Java から ping 送信するプログラムについて調査した。

仕組みの概要

XML-RPC§更新pingの送信 by isnot.jp が非常に分かりやすい。

どうやら、単に ping 送信を送れば OK という訳ではないらしい。
ping 送信は次の手順で行うことになる。

1. 更新データを含む rss ファイルを作成し、web サイト上に置く

rss ファイルの書き方は、いろんな web サイトの rss を参考にする。
そして、html で次のように記述する。

<head>
...
<link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="RSS" href="http://trasis.jp/blog/lab/rss.xml" />
...
</head>

2. ping を各検索サイトなどに送信する

すると、各サイトのクローラーが巡回してくれ、 rss ファイルから更新データを入手する。
ping 送信から巡回までの時間は、ping 送信先サイトによって異なる。
blog360 や はてな は結構早い。